頼れるスキズのリーダーバンチャン!仲間への愛情とプロデュース力がスゴイ

韓国のサバイバル・リアリティ番組「Stray Kids」を経て、2018年3月に韓国デビューを果たしたスキズ。

バンチャンが生まれる前から両親はオーストラリアに住んでおり、父親の仕事上オーストラリア内での転勤が多かったそうです。

2010年にオーストラリアでJYPのグローバルオーディションを受け見事合格し、翌年2011年にJYPへ入所し、練習生となってところから始まります。

目次

頼れるスキズのリーダー

Straykids

バンチャンは、2010年から練習が始まり、練習生の期間がとても長く、ともに過ごした仲間がどんどん先にデビューしていくことへの焦りや、本当にこのままでデビューできるのかという不安もあったそうです。

それでも、毎日毎日寝る時間を削ってでも曲の作詞・作曲、編曲作業まで行い、自分が事務所に残っているのには何か理由があると、信じてデビューを諦めなかったそうです。

バンチャンは諦めない努力の天才なのです。

そのような努力や才能も含め、JYPの代表であるパク・ジニョン氏からの信頼はとても厚いものになっております。

STray kidsは、2018年3月に韓国デビューすると、わずか1年足らずでK-POP史上最速となるワールドツアーを敢行し、全13公演がソールドアウトとなる人気ぶりでした。

日本でもパシフィコ横浜国立大ホールで行われたライブが約4000席のチケットに対し、10倍を超す申しみが殺到したチームを率いるバンチャンの魅力に迫りたいと思います。

バンチャンのプロフィール

スキズ,バンチャン

本名:バンチャン(Christoher Bang)ハングル(방찬)

生年月日:1997年10月3日(23才)

出身地:オーストラリア シドニー ニューサウスウェールズ州

ポジション:プロヂューサー、リードボーカル、リードダンサー、ラッパー

あだ名:バンチャン、チャニ、チャン

バンチャンはオーストラリアの出身なので、容姿からハーフと思われることも多いですが両親は韓国人になるので、バンチャンも韓国人になります。

また、写真でもわかるように目力が強くて、とても魅力があり素敵ですね!!

バンチャンのチームでのポジション

スキズ,バンチャン

練習生時代から作詞作曲を行っているので、ほとんどの曲を作詞作曲してすごいですね。

さらに、ボーカルやラップ、ダンスもとても上手です。
そのため、韓国のファンは彼のことを”オールラウンドリーダー”と敬称されるほどの凄さを持っています。

また、スキズの中で1番練習期間が長いのもあり、長い期間努力を積み重ねた信頼感、積み上げてきた音楽に関する知識とダンスなどのパフォーマンスの技術において、Stray Kidsのリーダーはバンチャンしかいないと言われています。

性格は穏やかで、少年のような屈託のない笑顔も魅力の一つである。

仲間への愛情あるプロデュース力

バンチャンはチームのリーダーでもありますが、スキズのチームを作る際のメンバー選びもしています。

メンバーのディレクション

バンチャンは、一人一人と向き合いディレクションをしているのですが、日本のテレビの”シブヤノオト”でもメンバーを選んだ理由について話しています。

アイエンは、ハロウィンの時。スンミンは、周囲を思いやる。フィリックスは、声が魅力的でカリスマ性がある。など話しています。

その話している姿とメンバーとのやり取りを見ると、バンチャンはかけがえのない家族のような存在を作り上げ、パパのような存在担っていて、バンチャンはStrayKidsへかける想いが誰よりも強いようにみえます。

バンチャンを中心に作られている曲

大黒柱として、練習生の期間から、作詞作曲など勉強しているバンチャンですが、3RACHA(バンチャン、チャンビン、ハン)はというラッパーユニット中心で作られています。

スキズ,3racha

そもそも、Stray Kids(ストレイキッズ)の由来は、家を出てきた子供達という意味があり、”自由な姿や魅力を持つ従来の枠にはまらない自由奔放な魅力を持って思い切り活躍ができる”という意味が込められています。

これまでにない形で新しい物を作っていこうというグループになりますね。

頼れるスキズのリーダー

愛情を持ってStray kidsを作ったことで、周りのStray kidsのファン【通称Stay】からもすごく頼られています。

https://twitter.com/jk_felix_17/status/1223443405855846400

頼れるリーダーの涙

バンチャンは韓国人ではあるものの、オーストラリアで過ごした期間が長いので、英語を主としています。

なので、韓国語を覚えるため努力をして、今では通常に話すことができます。

そんなバンチャンの故郷オーストラリアに帰ってのライブが感動的なものになっていますのでご覧ください!!

感極まり涙を見せるシーンは感動です!!【5分50秒あたりです】

肉体美にも気をつけているバンチャン

時間があるときに、体型維持のために行っているとインタビューでは答えているのだが・・・

引き締まってスゴイです(笑)

そして、なんと言ってもダンスはかなり激しく本当にかっこいいです!!

日本語でも話せるバンチャン

スキズが”シブヤノオト”に出演するプロモーションでバンチャンが日本語で話しているのですが、とても上手です。

英語も話せ、韓国語も話せ、日本語も話せるなんて本当にすごいですね!!

まとめ

バンチャンは、Stray kidsには外せない絶対的なリーダーを担っている。

チームメンバーへの愛情深い行動からの信頼、ファンからの信頼、練習生期間が長くても諦めずに懸命に辞めずに頑張ってきた姿勢でのJYPの代表であるパク・ジニョン氏からの信頼は言葉ではなく姿勢で見せてくれているように感じる。

チームの由来でもある、自由な新しいことへの挑戦を今後もつづっけていくと思うので、また魅力についてまとめて行きたいと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる