田原総一朗がくちゃくちゃうるさい!?耳が遠い!?老害?理由を検証

1987年(昭和62年)4月26日から放送開始した、深夜の人気番組の「朝まで生テレビ」の番組は、これまでに33年の月日を放送されてきました。

そして、司会はずっと田原総一朗さんが努めてきましたが、番組中のくちゃくちゃという音が耳障りという声が出てきています。

そこで今回は、【田原総一朗がくちゃくちゃうるさい!?聞き取れない!老害?理由を検証】についてまとめていきたいと思います。

目次

田原総一朗さんのくちゃくちゃうるさいとは!?

田原総一郎

田原総一朗さんの番組というと、「朝まで生テレビ」の司会者のイメージですよね。

田原総一朗さんのくちゃくちゃとは!?

田原総一朗さんの話しているところに”くちゃくちゃ”という音が気になっている人が多いようです。

話している際に、”くちゃくちゃ”という音が聞こえることが、うるさく感じている人が多いようですね。

咀嚼音

ズレた入れ歯

上の二つの理由で”くちゃくちゃ”と音が鳴ってしまっているのでしょう。

その音の不快感!?

からと話し方により、聞き辛さがあるのかもしれませんね。

田原総一朗さんのくちゃくちゃは病気??

田原総一郎

田原総一朗さんは

「口部ジスキネジア」

という病気の可能性が指摘されているようです。

「口部ジスキネジア」とは

60歳以上の女性に多く見られるもので、口や舌が無意識に動いてしまう病気です

原因は、抗うつ剤などの薬物の副作用や加齢などが原因

のようです。

この病気にかかると、口の周りが意識せずに勝手に動いてしまうなどの症状が発生してしまうとのことがあるようです。

田原総一朗さんのくちゃくちゃで聞き取れない!?

田原総一郎

田原総一朗さんの話の途中に出てくる

”くちゃくちゃ”

の音で聞き取れないとの声も出ています。

聞き取れないというのはなかなかの問題になってきますね。

また、2021年5月29日には聞き取れないことに加えて、

【耳が遠い】

というのも話題になっているようです。

最近では、耳が遠くなったのか何度も聞き返してしまっていて、何を喋っているのもわからないのも問題として発言している方も多いようです。

田原総一朗さんのうるさいと言われている理由!?

田原総一郎

①田原総一朗さんがうるさいと言われる理由

田原総一朗さんがうるさいと言われてしまう理由は、

机を叩く

ところにあるようです。

田原さんは、議論が熱くなってくると、机を叩いてします癖があるので、それによりうるさく感じてしまう人がいるようです。

33年間続けたことで、確かに熱は入るところはありそうですよね。

②田原総一朗さんがうるさいと言われる理由

もう一つの理由は、

発言しているところを遮っている

ところが、うるさく感じてしますようですね。

https://twitter.com/aaaaataaaaa1/status/1344695643609055233

司会者であるので、ある程度の舵取りをしないといけないので、それによりうるさく感じてしまう人も多いようですね。

③田原総一朗さんがうるさいと言われる理由

田原総一朗さんが、うるさいと言われるのは

年齢によるもの

もあるようです。

1934年生まれになるので、現在は86才になります。

これまでのジャーナリストととしてのこれまでの知識と政治家とのつながりもあって、老害などと言われてしまっているところはあるのかもしれません。

しかし、86才とは思えぬ元気さではありますよね。

田原総一朗さんが元気だなと思っている人も多いようです。

「朝まで生テレビ」は田原総一郎さんというイメージがあるので、引き続き元気に頑張って欲しいですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる